金山町「沼沢湖」 2016年 冬

前回訪れた早戸温泉の近くにある沼沢湖に行くため、JR只見線に乗車し金山町に向かった。

 

 

5:55、郡山発の磐越西線の始発電車に乗った。

 

磐梯熱海駅を過ぎ、中山宿駅から中山峠を超え、会津地方に入る。

猪苗代駅の手前で、頂付近に朝日を浴びた磐梯山はくっきりと見えた。

 

7:09、会津若松駅に到着。

駅の連絡橋の上からも磐梯山が見えた。

初めての見る光景だ。

4番ホームに移動し、只見線の列車に乗車。

7:37、列車は出発。

 

会津坂下駅を過ぎると、大量の高校生が下車したため車内は閑散とした。

 

9:31、沼沢湖の最寄である早戸駅(三島町)に到着。

ここから歩く。

帰りは12:30。2時間59分の強行軍だ。

 

沼沢湖に続く道を歩いていると、沼沢湖方面の崖に巨大な構造物が見えた。

水力発電の設備跡のようだが看板が無いため発電所名は分からなかった。

 

雪が残り、一部圧雪、一部氷という坂道を歩く。車が通るたび恐怖を感じた。

 

歩くこと約45分、沼沢集落に到着。

これほどの住居があるとは思わなかった。

来た道を戻り、しばらく歩くと沼沢湖に到着。

美しい光景。

カルデラ湖というだけあって、透明度も高い。

参考:金山町商工会 「妖精の里 かねやま 沼沢湖

 

10分程この光景を眺め、“下山”することに。

滑らないように細心の注意を払いながら、坂道を下った。

 

そして、「早戸温泉 つるの湯」に向かう。

 

“小登山”の疲れを露天風呂で癒し、足早に早戸駅に向かった。

12:30、会津若松駅行きの列車に乗車。

 

会津若松駅に到着してからは、神明町方面に行き、まちなかを探索。

地酒と料理を愉しみ、最終電車で郡山に帰った。

次はいつ乗る? 只見線

東日本大震災が発生した2011年、「平成23年7月新潟・福島豪雨」で一部不通となっているJR只見線。 2017年6月19日に福島県とJR東日本は復旧の基本合意書を締結し全線復旧が内定しました。 ブログでは車窓からの風景や沿線の見どころを伝える「乗車記」等を掲載します。

0コメント

  • 1000 / 1000