JR只見線の歴史

福島県会津若松市と新潟県魚沼市を135.2kmで結ぶJR只見線。


会津若松駅を起点として延伸していった「国鉄会津線(只見方)」から見れば45年後。

新潟県・小出駅を起点として大白川駅まで開業した「国鉄只見線」から見れば29年後。

紆余曲折を経て、難所「六十里越え」の工事を終え、1971年に一本の鉄路となりました。


雄藩・会津の歴史、会津地方の資源(森林、水)、戦争、戦後の電源開発と政治など物語がこの路線にはあります。



【JR只見線 関連年表】


1926(大正15)年 10月15日

 会津線(只見方) 会津若松駅~会津坂下駅間(21.6㎞)が開業


1928(昭和3)年 11月20日

 会津線(只見方) 会津坂下駅~会津柳津駅間(11.7㎞)が延伸開業

- - - - - - - - - -

1931(昭和6)年9月18日

 満州事変 勃発


1937(昭和12)年7月7日

 日中戦争 開戦


1941(昭和16)年10月28日

 会津線(只見方) 会津柳津駅~会津宮下駅間(12.1㎞)延伸開業

1941(昭和16)年12月8日

 太平洋戦争 開戦


1942(昭和17)年

 只見線 新潟県小出駅~大白川駅間(26.6㎞)開業


1945(昭和20)年 8月15日

 終戦

- - - - - - - - - -

1950(昭和25)年

 「国土総合開発法」成立

  *参考:地域経済ラボトリ「国土総合開発法

1951(昭和26)年

 「只見特定地域総合開発計画」発表

  *参考:ウィキペディア「只見特定地域総合開発計画

1952(昭和27)年

 電源開発㈱ 設立

1953(昭和28)年

 電源開発㈱ 田子倉ダム着工


1956(昭和31)年 9月20日

 会津線(只見方) 会津宮下駅~会津川口駅間(15.4㎞)延伸開業

1957(昭和32)年

 電源開発㈱田子倉発電所専用鉄道 会津川口駅~宮渕(只見町、32,3km)間開通。

  *昭和34年8月30日まで貨物輸送


1959(昭和34)年 3月

 電源開発㈱ 田子倉ダム完成(本体)

1959(昭和34)年 6月

 小出只見線全通期成同盟会に福島県も加わる(会長:田中角栄衆議院議員)


1961(昭和36)年

 電源開発㈱ 田子倉発電所 全面運用開始


1962(昭和37)年 3月29日

 第35回鉄道審議会で大白川駅~只見駅間(只見中線)の着工決定

1962(昭和37)年 3月31日

 電源開発㈱田子倉発電所専用鉄道 会津川口駅~只見駅間が国鉄に移管(譲渡額3億6千万円)


1963(昭和38)年 8月20日

 会津線(只見方) 会津川口駅~只見間(27.6㎞)延伸開業


1964(昭和39)年 2月29日

 「日本鉄道建設公団法」制定


1965(昭和40)年11月18日

 只見中線(大白川駅~只見駅)起工式


1968(昭和43)年 9月4日

 国鉄諮問委員会 会津線と只見線の廃止勧告(全国83の赤字路線)

 *参考:ウィキペディア「赤字83線


1970(昭和45)年 9月28日

 只見中線 六十里越トンネル貫通

 *参考:ウィキペディア「六十里越

 *参考:朝日新聞「只見線を語る(2)「列島改造論」の夢を具体化」(2017年2月20日)


1971(昭和46)年 8月29日

 只見中線 只見駅~大白川駅間(20.8㎞)が開通

 只見線(会津線(只見方)と只見中線を只見線に統合)全線開業となる

 会津若松駅~小出駅間(135.2㎞)

- - - - - - - - - -

1987(昭和62)年 4月1日

 国鉄民営化により、東日本旅客鉄道㈱(JR東日本)が継承

- - - - - - - - - -

 2011(平成23)年 3月11日

 東日本大震災発生


2011(平成23)年 7月28日(~30日)

 「平成23年新潟福島豪雨」発生

 

2011年7月29日 運転見合わせ 会津坂下~小出(113.9km)

 

2011年  8月7日 運転再開 会津坂下~会津宮下(23.8km)

2011年8月11日 運転再開 大白川~小出(26.3km)

2011年12月3日 運転再開 会津宮下~会津川口(15.4km)

 ⇒復旧費用(JR東日本負担) 約5億円 *会津坂下~会津川口間

2012年10月1日 運転再開 只見~大白川(20.8km)

 ⇒復旧費用(JR東日本負担) 約2億円

 

2011年7月29日~現在 会津川口~只見(27.6km) 運休(代行バス運行)


*参考:JR東日本「只見線の現状について」(2016年3月24日)

[参考文献]

  「只見線 敷設の歴史」一城楓汰著(彩風社)

 「ダムと鉄道」武田元秀著(交通新聞社新書)