全線乗車(会津若松⇒小出) 2009年 夏

JR只見線全線を、今回は会津若松から乗った。

会津若松から列車に乗り、小出経由で自宅のある埼玉県川口市に戻る予定。

 

 


2009年8月16日、13:08発の列車に乗るために4番線に行く。

 

会津若松のホームはお盆の終盤ということもあり、混雑していた。

 

会津宮下で停車時間が長かったため、ホームに降りる。

私が乗るキハ40系の全景。

 

会津大塩付近。緑豊かな山間を走る。 *2011年7月29日から現在まで運休区間

 

会津蒲生を出て、只見に向かう。 *2011年7月29日から現在まで運休区間

叶津川橋梁を通過中に後方を振り返ると、蒲生岳が見えた。

奥会津の“マッターホルン”と呼ばれるだけあり、“とんがり”かたに特徴がある。 *2011年7月29日から現在まで運休区間

只見町が見えてくる。山間の小さな町。

 

只見を出ると、左手に只見ダム(電源開発㈱只見発電所)が見え、その奥には田子倉ダム(同 田子倉発電所)の大きな躯体がそびえている。

 

田子倉トンネルを抜けた直後、田子倉ダムが作る「田子倉湖」を一瞬見る事ができる。

 

六十里越トンネルを抜け新潟県に入り、大白川から列車は破間川沿いを西日を浴びながら進む。

 

間もなく、終点・小出に到着。

・ ・ ・ ・ ・ ・

*参考:福島県 「只見線の復旧・復興に関する取組みについて」/「JR只見線 福島県情報ポータルサイト

*参考:政府 インターネットテレビ「見どころたくさん 福島に来てくなんしょ!」(2017年1月26日)

 

【只見線への寄付案内】

福島県はJR只見線全線復旧後の「上下分離」経営での維持費や集客・地域振興策の実施費用として寄付を募集中(クレジット可)。

・福島県ホームページ:只見線復旧復興基金寄附金・只見線応援団加入申し込みの方法

 

寄付金の使途は以下の通り。

・お寄せいただいた寄附金は、福島県、会津17市町村や新潟県などで 組織する「福島県JR只見線復興推進会議」で協議の上、只見線の復 旧や利活用促進のため使われます。(「只見線復旧復興基金寄附金募集」チラシより)

・ 寄附金は、只見線を活用した体験型ツアーや周遊ルートの整備、 只見線関連コンテンツの充実化等に活用させていただきます。 日本一と言われるロケーションだけに頼らない観光振興を推進し、 新たな観光収入の増加を図ります。 (「JR只見線企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の御案内」より)

よろしくお願い申し上げます。


次はいつ乗る? 只見線

東日本大震災が発生した2011年の「平成23年7月新潟福島豪雨」被害で一部不通となっているJR只見線は、2017年6月19日に福島県とJR間で「復旧基本合意書」が交わされ、2018年6月15日の復旧工事起工式を経て、2021年度中の全線再開通に向けて工事が本格化しました。ブログでは車窓の風景や沿線の見どころを伝える「乗車記」等を掲載します。

0コメント

  • 1000 / 1000